KoRec3.0.1.1 をリリースします。

===
実はこのリリースのリリース作業中に、radiko が新しい配信方法になり(従来のものも使えるようです)、それに対応したバージョンを作成中です。一応録音はできるようなりましたが、リファクタリングやら検証が必要なので、これらの作業が終わったらリリースするつもりです。ですので、次回にリリースはすぐにくるかもしれません。また、最後の変更内容については、radikoに関する部分は意味がなくなるかもしれません。
===

今回の変更は、KoRec3.0.1の NHK (らじる) の新しい配信方法に対する対応で発生した問題の対応と、メディアファイル (m4aなど) の変換処理の見直しです。メディアファイルの変換処理は新しく導入した部分になるので、デグレートが心配な方は今回のリリースの導入は様子見してください。

変更内容は下記のとおりです。

NHKをm4aで録音した場合の処理の見直し

配信方法の変更で必要のなくなった処理も行っていたので見直しました。出力されるファイルには影響はないですが、若干変換速度が速くなる場合があるかもしれません。

NHKを録音中のプロセスを -process や -allstop コマンドが認識していない問題の修正

NHKを録音中のプロセスを -process や -allstop コマンドが認識していませんでした。この問題を修正しました。

radiko のタイムフリー録音プロセスも同時録音制限の対象に変更

radiko のタイムフリー録音は同時録音制限の対象ではありませんでしたが、対象としました。

radiko と超A&G+ で m4a を作成する場合の処理の変更

m4aを生成する場合の変換の処理を見直して新しい方法に変更しました。こちらでの検証結果では、特に配信データに動画も含まれる超A&G+ではかなり変換が速くなりました。超A&G+を利用されている方は試してみてください。ただ、3年近く実績のあった処理の変更なので、あまり問題がおきるようなら新旧の処理を選択できるようにするかもしれません。
今のところ、m4a 以外では影響ありません。

以上です。

KoRec3.0.1 をリリースします。

変更内容は下記のとおりです。
– NHK (らじる★らじる) の録音方法の変更

NHKで録音に失敗する場合は今回のバージョンを試してみてください。
今回の変更については簡単に検証しただけなので、何かありましたらコメントでお知らせください。

昨日(2017/7/9) の夕方 (16:30頃) から KoRec3 で使用している番組表のサーバー側のプログラムが正常に動いていない問題が発生していたようです。
昨晩、サーバーの再起動を行ったところ、この現象については発生しなくなったようです。結局原因はわかっていません。ちなみに、KoRec3 用のサーバープログラムは半年ほど稼働していますが、初めての現象です。

この問題により正常に録音できなかった方もいらっしゃると思いますが、radiko の番組についてはログファイルに出力れている tfkey でタイムフリーの録音が可能な場合もありますので、お試しください。

KoRec で使用する超A&G+の番組表を更新しました。
番組表の内容は、こちらで確認できます。

以前の投稿でお知らせしたとおり、KoRec 2.4.8.x で使用している超A&G+ の番組表の更新はこれが最後になります。今後は、超A&G+の番組表については KoRec3.x 以降のみ対応します。

今回の番組表に関して何かある場合は、コメントで知らせていただけると助かります。

2017年6月30日で KoRec 2.4.8.x と KoRec-DL のサポートを終了することとしました。

それぞれのアプリについての今後のサポートは以下のようになります。

KoRec

今後は下記の作業は KoRec3 以降のみ対象とします。

  • サイトや配信方法の仕様変更などに対する対応
  • 超A&G+の番組表の更新作業
  • radiko.jpの放送局一覧の更新作業

radikoやらじる★らじるの仕様変更がなければ、KoRec 2.4.8.x でも将来のサイトリニューアルまではそのまま利用できる予定です。超A&G+の番組表については、2017年7月分までは KoRec3と同じ内容で更新するようにしますが、それ以降についてはKoRec3 のみ最新のものを利用できます。radiko.jp の放送局一覧については2017年6月30日の時点での情報で固定されます。

今後もKoRecを利用を希望される場合は、KoRec3へのバージョンアップをお願いします。

KoRec-DL

一般公開版の KoRec-DL については現行のバージョンの KoRec-DL 1.1 で最終版とします。
対応している配信サイト側の変更がなければ、将来のサイトリニューアルまではそのまま利用できますが、サイトリニューアルのタイミングで、KoRec-DL のインストールファイルや番組リストファイルのダウンロードのサービスは終了します。配信サイトの変更などでダウンロードできなくなったとしても対応はしません。

今後のサポートがかなり不透明なアプリなので、他のアプリへの乗り換えの検討をお勧めします。

開発サポーター向けの KoRec-DL の開発方針については、現時点での変更はありません。

サイトリニューアルについて

スケジュールはまったく未定です。古い情報などを整理してシンプルにしようと思っています。
1週間くらい前にはお知らせするようにします。